【月3万円の稼ぎ方】ハピタスってぶっちゃけどうなの?簡単にご説明します。

Pocket

こんにちは、宝くじで300円当たっただけで大喜びするすももです。

今回の記事では、「ハピタスってぶっちゃけどうなのか?」って人と、「とりあえずハピタスを始めてみたいけど、どうすればいいのか分からない」って人のために、

毎月、とりあえずこれだけやっときゃ2~3万円は稼げるよ!

という簡単な手順をご紹介します。

 

この記事は、以下のような方の助けになります。

  • 副業したいけど、そんなヒマ無い!という方
  • 自己投資したいけど、そんなお金無い!という方
  • 急な出費のせいで家計簿が黒字になってくれない方
  • ハピタスって大丈夫?詐欺サイトとかじゃない?という方
  • モッピーとかの方が稼げる気がして迷っている方
  • 実はハピタスやってみたけど、めんどくさくて放置しちゃってる方

 

それでは、始めましょう。

 

ハピタスって働かずにお金が貰えるの?

ポイントサイトであるハピタスでは、「ハピタスポイント」という独自のポイントが設定されています。

このポイントは、ハピタスから色んなサービスを申し込むことで貰えます。

このハピタスポイントを使うと、

  • amazonギフト券をチャージしたり
  • 大量のANAマイルと交換して飛行機にタダで乗ってしまったり

ということが出来ちゃったりするんですが、
もっと凄いことに、このハピタスポイント、

  • 日本円に交換できる

という特徴も持っています。

ポイント割引とかじゃなくて、本当にお金が増えます。

試しに5000ポイントぐらい現金に交換して、手持ちの住信SBIネット銀行の口座に移してみたんですが、しっかり5000円増えてました。

もちろん利子も付きます。

そして冒頭でも触れました通り、その気になれば月に2~3万ポイント、つまり、

一ヶ月ごとに20000円~30000円

…ぐらいは、確実に稼げてしまうんです。

ポイントサイトってヤバいなー。

 

ポイントでお金稼ぐってなんか怪しくない?

でもこういうことを聞くと、「怪しい」って思う方もいらっしゃると思います。

そりゃあそうです。
「働かずに月3万円も貰える」なんて、常識で考えたら絶対にサギですよね。

賢い人ほど、そういうのって警戒するので。

賢くないわたしはまんまと釣られて登録しちゃったんですけどね。

でも、実際のハピタスは怪しいどころか、ド健全なド優良サイトだったりするんです。

(サギじゃなくて良かった―。)

 

そもそもハピタスってどういう仕組み?

それではここで、「そもそもポイントサイトとはどういうものなのか?」ということをご説明します。

ハピタスのようなポイントサイトには、Yahoo!や楽天のような全国の企業が広告を貼っています。

その広告を見たユーザー、つまりわたし達のような消費者が、広告をクリックして商品を買ったり、何かに登録したりします。

そうすると広告を貼っている企業は、「広告を貼った甲斐があった」ということで、ポイントサイトにお金を支払い、その一部がわたし達にポイントとして還元されているというわけです。

これが、ポイントサイトのメカニズムです。

今さっき、「ポイントサイト 仕組み」で検索して出てきた図解に書いてありました。

 

ハピタスは稼げるCMサイトである

もちろんこれだけで分かってもらえるなんて最初から思ってないので、分かりやすい例を出しましょう。

例えば、電車に乗ると、色んな広告を見かけますよね?
よく分かんない化粧品のキャッチコピーとか、へんちくりんなキャラとか書いてあるやつです。

ああいう広告は、世の企業達がこぞって貼り出しているわけですが、広告を貼るには当然広告費が必要です。

広告のサイズや貼る場所、地域にもよるんですが、山の手線とかだと100万200万は普通にかかります。

巨万の富が右へ左へ動く世界といえば、株とか金融とかが有名ですけど、広告の世界もなかなか頭おかしいですよね。

わたし達が日常の様々な場面で目にしている広告は、それだけヤバい額が当たり前のように動いてるんです。

これはテレビCMももちろん同じで、「テレビcm 費用」で検索すると、真っ先に「たったの30万円で15秒CM流せます」とか出てきます。

広告の世界では、30万円は「たったの」なんです。

そして、広告主から広告会社へ支払われたお金は、通常はそのまま広告会社の取り分になります。

ですがある日、本来は広告会社だけの利益になるところを、広告を見ている人達、つまりわたし達に山分けしようと発想が生まれました。

それが、「ポイントサイト」というビジネスモデルです。

 

インターネットならではのCMスタイル

では何故ハピタスのようなポイントサイトは、せっかくの会社の利益を山分けしようなんて思ったのでしょうか?
ハピタスは慈善活動団体だからでしょうか?

もちろん違います。

山分けした方が、ハピタスにメリットがあるからです。

換金できるハピタスポイントに釣られて、サービスに申し込んだり、メールアドレスを入力したりすると、ただ単に電車で広告を目にするだけよりもずっと印象に残ります。

広告主にとっては普通にCMを見せるよりも圧倒的に宣伝効果が高いというわけです。
(もちろん、従来型の見せるだけの広告にも効果はあるので、併用して使っています)

そうなると広告主は、ポイントサイトにもっと宣伝してもらうべく、もっとたくさん広告費を支払いたくなります。

つまりハピタスのようなポイントサイトは、広告主から貰った広告費の一部をユーザーに投資することで、結果的により多くの広告費を広告主から得ているのです。

宣伝の舞台を電車やテレビから、インターネットに移すだけで、広告の在り方はここまで様変わりしてしまうんですね。

 

ここまでの話を簡単にまとめると、

  • ハピタスなどのポイントサイトは、広告主である企業から得た広告費の一部を、ポイントとしてわたし達に還元している。
  • ポイントサイトに広告を出している企業は、最初からポイント目当てで消費者が集まることを想定している。
  • 企業が広告を出す目的は、「わたし達に印象を与えて、覚えてもらうこと」にある。
  • もちろん、企業の最終目的は商品を買ってもらうことだが、その為に超ロングスパンで広告費と時間を費やすことができる。
  • ポイントサイトでポイントを稼ぐことは、電車の広告やテレビCMを見ることとほぼ同義である。(ただ、お金になるかならないかの違いでしかない)

ということになります。

 

ハピタスで稼いでみよう

ハピタスをポイント目当てで利用することが、悪いことでも危険なことでもなく、むしろ自然なことであることをご理解いただけたでしょうか?

ご納得いただけた方には、ササッとポイントを稼いで月2~3万円節約する方法を解説いたしますので、このまま読み進めて下さい。

  • 交換レート:1ポイント=1円
  • 最低換金額:300円以上
  • ポイント交換手数料:無料
  • ポイント有効期限:最後ログインから1年
  • ポイント交換制限:月に30000ポイントまで

まず、上記でご紹介しましたのが、「ハピタスポイント」の基本的な仕様です。

分かりやすく「1ポイント=1円」なので、例えば「5000ポイント貯まってる=5000円貯まってる」と視覚的に理解しやすいですね。

 

ただ、注意したいのは「月に30000ポイントまで」という交換制限です。

例えば2月の時点で40000ポイントぐらい貯めていたとしても、交換できるのは30000ポイントまでで、残り10000ポイントの交換は3月までお預けになってしまいます。

幸い、定期的にログインさえしていればポイントの有効期限は無いに等しいので、消滅することはありません。

でも極端な話、「急に4万円必要」って場面では割とピンチになりやすいので、月末は300ポイント以上貯まってたら問答無用で換金した方がいいでしょう。

 

さっそくハピタスに登録しよう

そろそろ、本題に入りましょう。

冒頭でお約束した、

「毎月、とりあえずこれだけやっときゃ2~3万円は稼げるよ!」

という簡単な手順をご紹介です。

と、その前に、

まだハピタスをやったことない方は、とりあえずどこかのブログ記事経由で登録だけでも済ませておいて下さい。

というのも、ハピタスには紹介制度があり、誰かに紹介することでもポイントが手に入る仕組みになっています。

こういう経緯もあって、昨今の色んなブログで、ハピタス紹介目的の記事が書かれているのです。

【2020年4月最新版】ハピタスに登録するだけで400円節約できるキャンペーン

↑もちろん、当ブログにもそういう記事はあります。

登録特典の入手方法も紹介していますので、未登録の方はまずこちらから読んでみて下さい。

 

効率が良い稼ぎ方

ハピタスに登録したはいいが、なんやかんやでめんどくさくなって放置しちゃってる方は結構いらっしゃると思います。

気軽にアンケートとか答えてもせいぜい50ポイントだし、20000とか30000とか、5ケタもポイントを稼ぐとか無理じゃね?って感じなので。

なのでここは、ポイントが高い広告「だけ」を狙っていき、ポイントが2ケタ・3ケタ台の広告には最初から目もくれない、というスタイルが重要になってきます。

とはいえ、ポイントが高けりゃいいのかというと、そういうわけでもありません。

「30000ポイント貰えるけど30万円払わないとダメ」みたいな広告とかも普通にあるので、単純に額面だけを見てクリックしても、収支がマイナスになってしまいます。

 

そこでオススメなのが、以下の種類の広告です。

もちろん、リスクとかはありません。

ポイント稼ぎに向いてる広告一覧

  • U-NEXTやHuluなどのビデオオンデマンド登録
  • スカパー登録
  • 資料請求
  • デビットカード発行
  • 証券口座開設
  • 銀行口座開設
  • クレジットカード発行(月に2枚までぐらいにしておくこと!)
  • FX口座開設+一定数取引
  • 仮想通貨口座開設+一定数取引

これは、上の方で紹介したわたしの記事でも「初めての方にオススメの広告」として紹介した一覧とほぼ同じなのですが、登録特典を入手した後も変わらずオススメです。

それに加えて、FX口座と仮想通貨に手を出すことも、本記事では推奨しています。

 

ハピタスで稼ぐには、FXと仮想通貨案件は不可欠

一気に話がキナ臭くなってきましたが、FX口座も仮想通貨口座も、月3万円の副収入達成には不可欠ともいえる代物です。

もちろん、デイトレードでギャンブルするとかじゃなくて、最初に貰えるポイントだけいただいて解約するのが常套手段です。

事実、陸マイラー(マイルを大量に稼いでタダで飛行機に乗ってる人)と呼ばれる人達の間ではこの手段は常識中の常識で、有り金を溶かさずに30000ポイントぐらいサクッと手に入れる方法もとうの昔に確立されています。

なんか陸マイラーって抜け目無さそうで怖い人達だなー。

因みに彼等のブログとかを読むと分かるんですけど、陸マイラーは「家族や恋人のために旅行をプレゼントしたい!」という想いで行動してる人がほとんどです。
で、インドネシアで子供をゾウさんに乗せたりとかしたくて頑張ってるらしいです。

あれ?いい人達じゃね?(熱い手のひら返し)

 

話が逸れました。

そういうわけで、月3万円を稼ぐには、

  • 高額ポイントのサービスに登録しーの
  • クレジットカード作りーの
  • FXで一見さんしーの
  • 仮想通貨でチョロっと冷やかしーの

そういう感じでポイントデカいのをちょろまかしてく必要が、どうしても出てきます。

これは、どこのブログ行っても同じこと言うと思いますよ。

もちろん、アンケートの50ポイントとかを積み重ねて30000ポイント稼ぐのもできるっちゃできますが、時間には限りがあります。

アンケート1個にかかる時間は、どれだけ少なく見積もっても5分はかかります。

5分で50ポイントってことは、60分、つまり1時間で600ポイントです。

時給600円は流石にバイトした方が早いでしょう。

ついでにぶっちゃけると、わたしがこないだ作ったクレジットカードは、12分で6000ポイントでした。

もちろん年会費がかからないやつなので、6000円そのままわたしの総取りです。

 

ポイント稼ぎに向いてる広告一覧

  • U-NEXTやHuluなどのビデオオンデマンド登録
  • スカパー登録
  • 資料請求
  • デビットカード発行
  • 証券口座開設
  • 銀行口座開設
  • クレジットカード発行(月に2枚までぐらいにしておくこと!)
  • FX口座開設+一定数取引
  • 仮想通貨口座開設+一定数取引

繰り返しになりますが、これらの広告はポイントが大量に稼げる上に、リスクがありません。

FXと仮想通過はちょっと注意しなきゃいけませんが、少なくとも投資知識ゼロでも絶対に損しない方法がすでに確立されています。

後は、ポイントを稼ぐ本人の勇気次第で、月ごとに入る副収入が決まるんです。

 

ハピタスポイントの交換先は、どこがいい?

 

最後にポイントの交換先についてお話します。

結論から言うと、オススメの交換先は2つだけです。

  • 飛行機乗る人は「ドットマネーギフトコード」
  • 乗らない人は「各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行」(現金に交換)

Amazonギフト券よりも現金の方がお得

ポイント交換先一覧で真っ先に目につくのが、ここにある「Amazonギフト券2%増量」だと思います。

現金は2%増えたりとかしないので、Amazonをよく使う人にとっては、一見この2%増量案件一択のように思えるかもしれません。

 

でも、それでもやっぱり現金の方がお得なんですよね。

と言いますのもAmazonギフト券は、Amazon公式サイトで直接買うことでも増量ボーナスがつくんです。

ご覧の通り、現金化した後でも普通に2%増量する手段はあります。

結構まとまった金額は要るので時間はかかりますが、今すぐAmazonで買う物があるってわけでも無い限り、ハピタスポイントをAmazonギフト券に直接換えるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

ついでに言っておくと、ドットマネーでは定期的に、「他のポイントサイトのポイントをドットマネーに持ってくると、1%ぐらい増える」というキャンペーンを毎月やってます。

さっき見たら、「モッピーからのポイント交換で1%増量」とか書いてありました。

仮にタイミング良く、ドットマネーで「ハピタスポイントからの移行で1%増量キャンペーン」をやっていたと仮定すると、

  • ハピタス→ドットマネーで1%増量
  • ドットマネーで現金に交換
  • 現金をAmazon公式サイトでギフト券に交換

ということが可能なので、最大で1%+2.5%=3.5%の増量が可能になるというわけです。

簡単に言うと、

  • ドットマネーでキャンペーンをやっている時は、ドットマネー経由で出金
  • キャンペーン時以外はハピタスから直接出金

これくらいの認識で大丈夫だと思います。

 

陸マイラーは、ハピタスとドットマネーでウラワザを使うらしい?

わたしは飛行機にしょっちゅう乗るわけじゃないので知らなかったんですが、どうも陸マイラーの間では「TOKYUルート」なる必殺技が有名なようです。

やり方をざっくり解説すると、

  • ハピタスポイントをドットマネーポイントに交換(できれば増量キャンペーン時に)
  • ドットマネーポイントをTOKYUポイントに交換
  • TOKYUポイントをANAマイルに交換

このルートを使うことで、10000ポイントが7500マイルに変換されます。

 

一見「なんで減ってんだよ!」って感じですが、実はこれ、飛行機代としてはめちゃくちゃお得なんです。

ちょっと実例を交えてお話しましょう。

 

マイルのちょっと変わったシステム

 

例えば、広島在住のわたしが8/10に札幌に遊びに行くとします。

この画像は8/10当日の運賃なんですが、ご覧の通り一番安いっぽいやつでも33770円かかりますね。

 

そしてこちらが、ANA公式サイトで利用できる「どれぐらいマイルを貯められるか?」をシミュレーションしてくれるサービスです。

さっきと同じ「広島→札幌」で計算してみると、749マイル貯まることが分かります。

「何万もの大金をはたいて749円分…?」と思うかもしれませんが、マイルは他のポイントシステムとはちょっと勝手が違うんです。

 

マイルはその名の通り距離を示すもので、ANAのような飛行機会社では、「貯まっている距離の分だけタダで運んであげる」という意味になっています。

広島から札幌までの直線距離は、1205kmぐらい。

マイル単位に直すと、749マイルです。

つまり、もしわたしがこの条件で広島と札幌を往復しようとした場合、行きは最安で33770円、帰りは貯まった749マイルを使ってタダで乗れるという計算になります。

 

ハピタスで10000ポイント稼ぐだけで、「広島⇔札幌」を5回も往復できる

ここで、「ハピタスの10000ポイントが7500マイルになる」というお話を思い出して下さい。

10000ポイントを1万円の現金に換えてしまった場合は、「広島⇔札幌」の行きの飛行機代(最安33700円)にすらなりません。

でも、7500マイルならどうでしょう?

先ほども示した通り、広島から札幌までの直線距離は749マイルなので、7500マイルもあれば10回は軽くフライトできる計算になります。

2500円目減りしてるどころか、ちょっと引くレベルの大盤振る舞いです。

もし飛行機にのるのであれば、TOKYUルートの活用はマストと言えるでしょう。

 

まとめ

最後に軽く、記事全体のまとめに入ります。

まとめ

  • ハピタスでポイントを稼ぐことは、電車の広告やテレビCMを見るのと同じくらい当たり前のこと
  • ポイント交換は月に30000ポイントまで
  • ハピタスポイントの有効期限は実質無いに等しい
  • たくさんポイントを稼ぐなら、FX口座と仮想通貨口座の開設と最低限取引は必須
  • ポイント交換先は現金かドットマネーの二択
  • ドットマネーは、ポイント増量キャンペーン時に交換すると吉
  • 飛行機に乗るならTOKYUルート(ハピタス→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル)はマスト

慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、これが当たり前にできるようになると、生活の自由度がかなり上がります。

その為には、FX案件と仮想通貨案件をノーリスクで攻略する知識はどうしても要ります。

それについてここでお話するとちょっと長くなるので、別の記事で追ってご紹介しますね!

 

それではまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください