暇で暇でやることない人は、タイムスリップすればいい!

Pocket

  • 休日の昼下がりを持て余して、つい2時間も3時間も昼寝しちゃう
  • 最近、何をやってもイマイチのめり込めない
  • 「自分はこのままで良いんだろうか」という漠然とした不安がある

子供の頃は、夢中になれるものがあって毎日が楽しかったけれど、今は何に対しても熱中できなくなってしまったと嘆く方は非常に多いです。

わたしは、毎日が楽しかったあの頃の輝きを取り戻したくて、人生を変えるための修行を始めて、かれこれ2年経ちます。
今でもまだ修行中の身だし、未だに上手くいかないことも多いです。

それでも一昨年までよりはずっと楽しく、スリリングな毎日を送れるようになりました。

ですのでこの記事では、暇潰しに最適なコンテンツのお届けではなく、そもそも暇潰しなんて考えなくて良いくらい充実した人生を送るためのヒントをまとめて解説します。

「好きなことをやって好きなように生きる」のと、「仕方なく暇を潰す」のとでは、意味合いも楽しさも雲泥の差です。

この記事を読めば、小学生の頃の、「格闘王への道で何使ってる?俺ジェット~」とか「スーパーマリオRPGでセーブキャンセルしまくるとね~」とか、そういう話ばかりしていたあの頃の輝きを取り戻し、いや、それ以上のワクワクに満ちた人生をおくれることでしょう。

今は、令和2年です。
大して面白くもないスマホアプリに仕方なく癒しを求める時代は、終わりを告げました。

ログインボーナスがなんだ!
スタミナがなんだ!

そんなアプリは即削除だ削除!

というわけで、Story meのログボ受け取ったら始めます。

すももくん
すももくん
即削除は?
住吉くん
住吉くん
流れるようなダブスタ

「暇でやることない」なんて、小学生の頃はあり得なかったよね

 

 

 

心にくる名台詞第一位は、「お前に構ってる暇は無い」。

震えますね、遠藤です。

アフターファイブやスキマ時間の暇を潰している現代人は多いですが、そもそも「暇」とは一体なんなんでしょうか?

それを考えるためにも、ここで現代ではなく、あなたがまだ子供だった頃を振り返ってみましょう。

子供の頃のあなたは、今みたいに「暇」だったでしょうか?

確かに今はすごく暇で、暇を潰すためにパズルボブルのパチモン(どれも見事にパッとしない)とかで遊んでいるあなた。

でもそれって、昔からずっとそうでしたか?

例えばわたしの年代ですと、24年くらい前の昼下がりなどは、小学校のアスレチックで友達とワイワイ騒ぎ立てるのが日常でした。

今日は誰々くんの家に何時に集合でとか、あのゲームで誰と誰が同時プレイしてとか、そういう話ばかりだったと思います。

すももくん
すももくん
せっかく集まったのに一人でゲームボーイやってる奴とかいましたよね(自己紹介)

小学生の頃、クラスメイトとどんなやり取りをしていたかを全て正確に憶えている人は少ないと思います。

でも、「あ~マジだりぃ~アスレチック行かね?」とかカラオケボックス行くノリで言ってる奴は流石に居なかったんじゃないでしょうか。
(ていうかそんな小学生いたらイヤですよね。)

そうなんですよね、そこが一番重要でして。

子供っていうのは、遊ぶ時の論理展開が根本的に違うんです。

イマドキのオトナは暇だから仕方なく遊ぶんですけど、子供は遊びたいから遊ぶのです。

そこに、「暇」という感覚はありません。
少なくとも、わたしにはありませんでした。(過去形)

そういうことを思い出すたびに、わたしは、「今の自分は本当にやりたいことをやれているのか?」という疑問が自分の中に生じます。

これは個人的な感覚なのですが、人間は「暇」を感じる時、その語感と裏腹にある種の焦燥感を憶えているんじゃないかと思っています。

心の奥底では本当に求めているものがあるのに、一向にそれが見つからない。

だから手当たり次第の娯楽に手を出すのですが、そのどれもが心を満たしてくれることは決してありません。

本当なら遊びたいから遊ぶはずなのに、言うほど遊びたいわけじゃないし、何なら嫌いだけど、何かしてないと不安だから仕方なく遊ぶからです。

さっきも言ったように、順序がまるで違うんです。

例えば、よく大人の間では「ヤケ酒」なんてものが持て囃されますよね。

住吉くん
住吉くん
やってらんねえよ!べらぼうめ!!
遠藤さん
遠藤さん
マグナムドライをグイーッ!!
住吉くん
住吉くん
かぁー!!
遠藤さん
遠藤さん
てやんでい!!

みたいな感じだと思うんですけど。

すももくん
すももくん
なんで江戸っ子なんですか?

ああいうのだって、「お酒が美味しいから」飲んでるわけじゃないですよね。

まず順序として、

  1. 今日はイヤなことがありました
  2. あいつホントに◯んでほしいマジ◯ね◯ね◯ね◯ね
  3. 忘れよう…どうにもならぬ…忘れよう…せめて今は…
  4. 酩酊だけが我を救ってくれる
  5. 麦焼酎いいともをごっごっごっ…かーっ!てやんでい!

というのがあるので、お酒に頼らなくていいならそれに越したことはないと思うんです。

すももくん
すももくん
その「てやんでい」ってのは言わなきゃダメなの…?

ヤケ食いだって同じ。
ろくに味わいもせずに頬張っているだけです。

言うなれば、生きるためだけに胃に流し込むサプリメント。
美味いはずがありません。

わたしも、留年確定した時はミスドのオールドファッシンとアーモンドとストロベリーとチュロスを一気食いしたんですけど、まあ惨めでしたね。
ていうかチュロス硬いし。

ここまで読んでくれたあなただけは分かってくれると思うのですが、わたしは何も「趣味に逃げるなど弱者だ!」とか「アルコールは毒だ!」とか、そういう話がしたいのではありません。

ささやかな晩酌。
スーパーファミコン。

結構なことじゃないですか。

ただとにかく、今しがた申し上げてきた通り、「仕方なく浸る」のが良くないということなんです。

娯楽や趣味それ自体に罪はありません。

問題はいつだって、前後関係です。
動機です。
バックグラウンドです。

これは暇潰しや憂さ晴らしに限らず、あらゆる消費活動に言えることです。

そういうわけで当記事では、「今の趣味全部辞めろ」とかそういうことではなく、「趣味の楽しみ方」が変わるような、具体的な提案をしていけたらと思います。

すももくん
すももくん
禁欲の果てにたどり着く境地など高が知れたもの

暇でやることない人生から卒業する方法

というわけでここからは、寝る時間までひたすら暇潰しする生き方を抜け出すための方法を紹介していきます。

因みにここでは、「転職する」とか「引っ越しする」みたいなのは大逆転技は敢えて省いています。

今の環境を抜け出せるならそれが一番だし、それが現状ではなかなか難しいというのも理解しているつもりです。

なので、ここでわたしが提案するのは、もっと現実的で効果が高いプランだけです。

それではどうぞ。

方法1:タイムスリップする

子供の頃のワクワクを失ってしまったなら、今すぐ取り戻せばいいのです。

やり方は簡単。
当時の空気感を再現するのです。

よく思い出して下さい。

あなたが幼い頃、時間を忘れて夢中になっていたものが例えば・・・そうですね、スーパーファミコンだったとします。
わたしがそうだったからそうします。

スーファミのコントローラを構えている間、自分の目を引くものはテレビ画面の中に展開されるゲームの世界だけです。

当時は、Twitterなんてものはありません。

スマホもなければ、アニメ実況板もありません。

好きなゲームを不当に貶めるアマゾンレビューも、もちろんあるわけないです。

ただただ、ウィリーバイクに乗ってメタナイトから逃げ切れれば、それだけで良かったのです。

そう、何も無かったんです、あの頃は。
本当に必要なもの以外は、一切何も。

インターネットが普及していなかった90年代は、まあ不便でした。

不便でしたけれども、余計なものが無い分、却って集中すべきことに集中できる時代でもありました。

それが今や、高画質動画も数秒でダウンロードできる時代。

もうノスタルジックなあの時代は二度と戻っては・・・いや、戻ってきます!

さっきも言ったように、再現すれば良いんです。

やり方はもう分かりますよね?

そう、熱中している間は余計なことを一切しなければいいのです。

スーファミやるならスーファミだけ。

お酒を飲むならお酒だけ。

いや、小学生はお酒飲まないけど。

Twitterやり~のまとめ記事見~ので、ながらプレイをしている方は、今すぐシングルタスクに切り替えましょう。

TwitterなどのSNS依存を脱却する方法については、以下の記事でもう少し詳しく書いています。(読んでね)

年のせいでゲームする気力が無いオッサンに捧ぐ、SNSに依存しない6つのコツ

方法2:知人に勧められたアニメを観てみる

これはわたしが時々やっていることなんですが、Twitterのフォロワーからオススメされたアニメを観てみるのもアリだと思います。

自分の好みだけでチョイスしたものだけに囲まれていると、どうして飽きが来るものです。

かといって、全く興味が無いアニメを観ても苦痛なだけなので、教えてもらったものの中から「好み」と「好みじゃない」の境界線ぐらいのを選んで視聴してみると良いでしょう。

例えばわたしは最近だと、ロックマンゼロをアホほどやり込んでいるフォロワー様(しかも世界レベルの腕前)に紹介された、『DARKER THAN BLACK』を観ています。

普段はこういう・・・何だろうな、能力者バトル!みたいな感じなのは全く観ないのですが、

  • オッサン声で喋る小動物(名探偵ピカチュウだ…!)
  • デカい組織に支配された世界観(白き鋼鉄のXだ…!)
  • 油断すると普通にやられる主人公(バットマンだ…!)
  • それでいて、上手く戦えば超強い主人公(ロックマンゼロだ…!)

など、めちゃくちゃ個人的に刺さる要素盛りだくさんだったのに、なんで今までノーマークだったのってレベルの衝撃的な出会いでした。

そんなわけで、他人のオススメを観るのもかなりオススメです。
(オススメがダブってしまった)

因みにこういうのは、「#週末なので好きなアニメをフォロワーさんが教えてくれる」みたいなツイートをすれば、面白いほどリプが来ます。

人というのは、(ちょうど今わたしがスーファミだのDARKER THAN BLACKだの言ってるように)自分の趣味嗜好を語りたがるものなので、遠慮無く利用させてもらいましょう!

すももくん
すももくん
周りは存分に自分語りができて、俺は面白いアニメを知れる。
これぞWin-Win

方法3:映画館に行く

映像作品を観るんだったら、いっそ映画館に行くのも手です。

『映画館』、ですよ。

U-NEXTとかアマゾンプライムとかじゃなくて、映画館。
シアター。シネマ。

オンデマンドサービスと映画館の最大の違いって何だと思います?

音響!そうですね!

サウンドとかも確かに違うんですが、映画館には、映画の上映中は他のことが一切できないという利点があります。

それのどこが利点なんだと思うかもしれません。

でも、この高度に発達した情報化社会においては、一つのことにしか集中できないサービスは非常にありがたい存在です。

例えば、アマゾンプライムで無料配信している『インターステラー(これも超オススメ!)』を視聴し始めたとして、そのまま最後まで2時間49分もじっとしていられる人は多くありません。

大抵の人はグラブルとかやり始めたり、Twitterに「インターステラーなんか観始めちゃって俺どうかしたのかな(難解なSF映画観てる俺賢いよねの意)」とかツイートしてしまいます。

これは、金曜ロードショーの時間帯に「トトロがどうちゃら~」って実況ツイートが一気に増えることからも、分かると思います。

すももくん
すももくん
だがそれはそれとして『紅の豚』は観ろ

映画を観ることにおいて、それ以外のことができてしまうというのは、想像以上にわたし達にとって障害になっているのです。

そしてそれは同時に、オンデマンドサービスがこれだけ発達した今でさえ、映画館というものが地球上から消滅せずに残っている重大な理由の一つでもあります。
(※諸説あり)

方法4:気軽に湯治とか行ってみる

どうせ外出するなら、温泉施設に行ってみても良いでしょう。

温泉も映画館と同じく、 『それ以外のことはできない系』のサービスの一つです。
まさか湯船に浸かりながらFGOやる人なんて、地球上の存在しないので。

温泉施設は、ちょっと大きいところだと、食事処や映画館などが近くに設置されていて、「天国かな?」って感じのところが当たり前にあるので、電車で何十分かかけてでも行く価値はあると思います。

わたしも、ついさっき電車で片道20分・徒歩20分のところにある温泉施設に出かけて、散髪して入浴して食事して、また20分+20分かけて帰ってきたばかりです。
ちょうど、カットサロンも食堂も併設されているところだったので。

住吉くん
住吉くん
カットする髪の毛が残ってるんですかねえ・・・。
遠藤さん
遠藤さん
◯にたいらしいな。

そこそこ良い温泉だと、30分ぐらい過ごすだけで、次の朝目覚める時に体が異様に軽くなったりするので、めちゃめちゃオススメです。

絶対に暇をしない方法は、無限にある

今挙げたような方法以外にも、様々な過ごし方が考えられます。

例えばですが、

  • 料理を始めてみる
  • 興味があることの勉強をしてみる
  • 筋トレをやってみる
  • 瞑想を5分ぐらいやってみる
  • メルカリで不用品を売ってみる

などなど、挙げ始めればキリが無いくらい、やることはあります。

何をやっても良いのですが、どうするにしても一番大事なのは、時間を忘れて没頭することです。

ここでもう一度、昔を思い出して欲しいのですが、スーファミに興じていたあの頃は、時間なんて一切気にせずに洞窟大作戦だのメタナイトの逆襲だのをやっていたはずです。

お母さんが「お風呂湧いたよ!」とか「晩ごはんだよ!」とか言ってくれるので、気にする必要が無かったからですよね。

もちろん、社会人になった今、本当に時間を忘れてずっとゲームなんてしていたら大変なことになるので、タイマーなどはあらかじめ設定しておきます。

文明の利器は使いましょう。

まとめ

長くなりましたが、「暇」というものに苛まれないための心得は、たったの一つだけ。

とにかく、ながら作業をしないことです。

あっちこっちに浮気しながら楽しめる人なんて、地球上には数えるほどしか居ませんし、それがよもや、あなただともわたしだとも思えません。

気を散らさずに没頭することは、物事を心の底から楽しむ方法であると同時に、集中力を高める訓練にもなります。

集中できるようになれば、それだけで世の中が生きやすくなるので、ぜひ考えてみて下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください